×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home 財布ミュウミュウ

カントリー包装機械産業は前世紀の70年代後半に結成された、80 90年代初頭の高速開発期間には現在、全体の製品の構造調整に入り、時代のイノベーション能力を向上させました。機械などの大容量のセメント袋袋改善と継続的な開発の発展と中国の重いバッグ。セメント包装は、例えば、ドラム、木箱、ストローバッグ、今日の新素材への袋とそれに続くマルチシームポケットが、新しいバッグはセメント系袋詰め、長いプロセスを歩んできました。現在、高度な包装機械の開発は収集マシンに示すように、電気、ガスは、液体、勢い、生産効率、省エネルギーの製品リサイクル、ハイテク実用的の一つとして、生の、磁気的、光学的、知能は傾向となっている、これは、中国の包装機械産業の発展の主流であるべきである。製品の構造調整、外国の先進技術を学ぶためのローテク志向状態へ迅速に変更、、の下で開発機器やハイテク製品の大規模なセットの高効率、低消費、生産、マーケティングLOの開発と生産に包装機器に適用される条件は、さらに国内および国際市場を開発するために包装機械のアップグレードをスピードアップ。 1ビニール袋やプラスチック繊維機械繊維現状と発展方向、前世紀の70年代後半、中国は繊維機器の導入、その後、繊維、ビニール袋を輸入した。その繊維、特に大容量の輸送包装のための耐久性、低コストで、多くの分野で使用され、迅速かつ容易な製造プロセスのためのプラスチック包装。セメント包装用ビニール袋は、1982年から始めている。より完全なそのうち各国の導入からビニール袋の生産ライン、数百人は、機器のより高いレベルも12 10です。 80年代半ばから、中国浙江省、江蘇省や他の場所では、開発に多大な貢献をした中国でのプラスチックによって編まれる袋の包装産業のため国内の設備とハイボリューム市場を開発しました。包装のための90のビニール袋が急速に開発された、セメント包装用1995で、ビニール袋は、全セメント包装の三分の二を占め、56億に達している。実装のGB9774-1996 "包装袋"標準、制作会社は、ビニール袋や覚せい剤、グレードのプラスチック編み物や、そこのようなキノコ工場などのプラスチック織のさまざまなデバイスを戦うために開始したビニール袋のデバイスメーカーを与えた。しかし、ビニール袋産業と全体の産業構造のエクステントから、カジュアル、小さな、ほとんどの企業で唯一の生産ラインの現象があります。困難な小規模の企業は、容量不足、国際的慣行の難しさは、直列織製品を形成するように、技術革新を達成することは困難である。近年では、多くの起業家は、これを見て、また都市と織ら緩く協力団体の他のモードの一部で浮上して不織布??グループを設定。優れた預金大会の多くの年後に、いくつかの特定の利点、発展を達成するための確固たる基盤ができる管理の行き届いた、革新的な企業だけでなく、ビジネスの多くの中小企業のうちを持つように。プラスチック編み袋の生産は、先進国に比べ、約20年後には、急速な発展期に現在ある。しかし、中国コンテナ企業、非常に少数の企業の独立した製品開発力の規模は、ローエンド、低付加価値製品を生産することができます。ハイグレード、防水通気性、カビ、太陽、セキュリティ、アンチ燃焼、環境に配慮した、と今でも袋とトレイバッグの他の多くの機能、特別な機器や高度な検査機器を製造することができる。

ミュウミュウバッグ

ミュウミュウ 長財布

4.8 (from 69857 reviews)